介護用品の活用法集

バリエーション多数あります!

介護用品を上手に使う

在宅で介護をしているお宅や、介護まではいかないけれど体調に不安があり日常生活に不便を感じ始めている家族がいるご家庭は増えてきています。介護や介助は大変ですが、少しでも楽にするために介護用品をうまく使いましょう。例えば、自分でお手洗いに行ける人でも、お出かけのときはおむつやパッドを使用するなど、ちょっとだけ取り入れてみるのも手です。はじめは抵抗があると思いますが、始末が楽なだけではなく、本人にとって失敗したときのショックを和らげるメリットがあります。失敗を恐れで出かけなくなり、家にこもりきりになると体を動かす機会が減るため筋力も弱くなっていきます。体が弱くなってしまえば戻すことは難しくなります。できるだけ積極的に動き続け、生活の質を保ち続けるために介護用品の利用を検討してみましょう。歩きにくさを感じる人は杖などの歩行補助具を取り入れると楽になります。おしゃれなものも出ているので一度見てみるとよいでしょう。

介護用品を上手に使う

介護ロボットも介護用品になります

高齢社会になって長寿命になる事は喜ばしい事ですけど、要介護者の増加も予想されます。少子化も進行していますから、介護が必要な人が増えても介護者が増えることは期待しにくいという問題があります。介護の仕事は食事介助や入浴介助や排泄介助がありますけど、車椅子への移乗などは重労働ですから、腰痛などになりやすいものです。介護施設などでは、腰痛などが原因で介護の仕事から離職する人もいます。介護用品と言うと、紙オムツや介護靴、介護用衣類などの要介護者のための製品をイメージしがちですけど、介護者をサポートする事も考えたいものです。高齢化が進行する日本において、介護ロボットなどの介護者をサポートするための製品が開発・製造されています。要介護者をサポートするためには、介護者が健康である事も大切です。高額な製品ですから普及が遅れていますし、JIS規格などの基準も制定されていないのが現状です。

よく知られている介護用品とは

車椅子などはかなりメジャーであり、介護の現場では当たり前のように使われているものです。これは、足腰が弱り、自力で立てなくなった要介護者のための介護用品で、医療器具としても認識され、多くの病院でも使われています。特にこうしたグッズは施設に借りることが多く、自分で買うことはめったにありません。ただ、リクライニング式のベッドなどは購入して自宅で介護するパターンが多いので、その手のグッズを販売するメーカーさんのサイトではいろいろな種類のものを見ることができます。よく知られている介護用品は紙おむつですが、これは消耗品として薬局などで買うことができるため、まとめ買いをしていくケースが多く見られるでしょう。どんな形で買うかは自分次第であり、介護者がどれくらいいるかによってもその内容は変わってきます。医療や介護の分野はこういう部分から身近になっていくのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)